パネルスタンドとは、店などで使われる看板用のパネルを立てるスタンドやその総称です。よく見られるのは店舗の前での広告や店舗内や場内での案内です。何かの情報を分かりやすくパネルで表現することによって、人に伝えることができます。一見何気なく、置かれているものですが、店舗に入る前にパネルスタンドの内容を見ることは多いはずです。それは新規のお客さんとリピーターへの確保に繋がります。初めての店は客側からすると入りにくく、外観から店の商品や売りが分かりにくいために、見て分かる写真やメニューを置くことで入りやすい空間になります。そのために店の魅力を伝えるツールになります。価格が分からないお店も入りにくいですので、外側から知りたい情報を知ってもらうようにしてみましょう。特に複合施設内や階段の上や下にある店の場合、店の存在をまず広く伝える必要があります。そういった場合にパネルスタンドは非常に便利なのです。

パネルスタンドの具体的な利用法について

パネルスタンドはパネルと一体型のものとイーゼルのみでパネルと組み合わせるものがあります。パネルも写真を入れたりできるものと黒板になっていて手書きできるものがあります。利用するにあたり、ただ置くだけでなく、通行人や通行車が向かってくる進行方向から確認できる角度に設置する必要があります。東京都の広告条例は、敷地外であっても1m以下なら車道や歩道上に置くことが出来ます。各自治体によっても変わりますが、こういう空間が確保出来る場合はしっかりと利用します。また店の名前だけでは、何を売る店と値段、売りは何なのかが伝わりませんので、内容もしっかり検討していきましょう。そして最も大事なのは可読性です。離れた距離からその文字が読めるかということです。それに基づき設置位置から、パッと見たときに読めて伝わり、お店の存在を気付いてもらえる位の大きさの文字を選ぶことが利用するにあたってのポイントです。

さらに効果的なパネルスタンドの利用法

パネルスタンドをより効果的に利用するには、まず色彩効果を考えることです。色によって店のイメージを伝えることにもなりますし、店のターゲットを考えて伝えたい雰囲気とでベースの色を決定しましょう。次に写真を効果的に使用します。商材はもちろんですが、お店が提供する環境も同時に伝えることができると効果的です。例えば、ファミリー向けでしたらお子様や家族が楽しむ様子などがあれば、入りやすくなります。そうすれば、一見家族で入りにくく見えても、それが伝わることで客層にアピールすることができます。そして、写真や内容は定期的に見直し、汚れている場合はすぐに拭きましょう。店内の掃除よりも忘れがちですが、外向けのパネルスタンドが古ぼけている、汚れているでは店内の印象も同じと思われてしまいます。そして伝えたい情報が多すぎて情報が山盛りになると伝わらなくなってしまいますので、伝えたいことを整理して記載しましょう。