店舗や屋外を見渡すと、いろいろな形や種類のパネルスタンドが利用されています。身長くらいの大きな物から、卓上におけるくらいの小さな物まで、実に様々な物が店舗や外などで見られます。パネルスタンドにはパネルやポスターなどを乗せて、商品やそれ以外の説明をすることが一般的ですが、ポスターや紙で壁に固定して貼ってある物よりも、スタンドで様々な場所に置けるので存在感も増し、また立体感がある分さらに表現方法も増えるなどの利点があります。当然、紙を貼るだけのポスターよりもコストもかかるかもしれませんが、店舗であれば見栄えやアピールの大きさなどからもパネルスタンドが利用されることは多いでしょう。また風化を防ぎ長く使うためにも、素材が木製なのか、プラスチックなのか、鉄なのかそれ以外かといった点でも、いろいろな種類が存在していることでしょう。

パネルスタンドはその用途に合わせて様々な素材や形でできています

パネルスタンドの利用でよく見られる光景としては、パネルの中にポスターとか食べ物のメニューなどといった何かの印刷物をいれて、それをスタンドに乗せて立てている使い方です。さまざまなタイプのスタンドがあり、その場に合った使われ方をしていますが、同時にスタンドの転倒を防ぎ、乗せているパネルの落下を防ぐような工夫もされていることでしょう。パネルスタンドを取り付ける場所によっては重みにあまり負荷がかからないようにと、軽い素材を使ってできている物もあるでしょうし、反対にすぐに倒れてしまわないようにと、どっしりとした安定感を素材もろとも考えて作られているスタンドもあります。近年では部品さえ揃えばご自分で作ることもできますので、必要に応じて適切なスタンドを手作りして利用してみてもよいでしょう。

パネルスタンドの上に乗せられる物は耐荷重の範囲内にしましょう

小さいサイズでのポスターとかメニュー等の掲示でパネルスタンドを利用する時には、スタンドの部分がスリムなポール型のタイプも多いです。この形だと本体がスリムなので置き場を選ばず見た目もシンプルなので、飲食店の入り口でのメニュー紹介や、オフィスなどでの案内、展示会での看板などといった、いろいろな場面で用途も広がります。ただやはり安定性から考えると、ポスターなどを入れる外枠込みで考えても、嵩張らずに軽量であることが必要でしょう。またこれよりも重厚なパネルスタンドの場合には、スタンドの足の部分がより安定感のある形になっていたり、移動が簡単にできるキャスターが付いていたりもします。この場合だと上に乗せるパネルはもう少し重い物でも大丈夫でしょうが、重さがどのくらいまで耐えられるかといった耐荷重の説明の範囲内に収めることが大切です。